利用したのが銀行カードローンでも、住宅ローン組めない?

カードローンなどを利用すると、住宅ローンが組めないと聞いたんだけど、借りたのが銀行カードローンでも、住宅ローン組めないの?

銀行ローンも不利にはなりますが、組めないとは限りません

確かに、カードローンを利用していると、住宅ローンを組む際に、不利になることはあります。それは、カードローンの使い方にもよるのですが、一回引き出して、全額返済して、少し借りない期間がある、という借り方の場合、銀行カードローンでは、そこまで不利にはならないでしょう。一方、頻繁に借り、返す前に借り、としていると、不利になり得ます。

消費者金融のカードと比較すると、銀行カードローンは不利になりにくいです。それは、銀行のカードローンの審査に通ったという事実が、審査時に相手に伝わるからです。ただ、それでも頻繁に借入をしている場合、金銭感覚が麻痺しているか、よほど余裕がないかのいずれかであると判断されてしまう場合があり、住宅ローンの審査に通りにくくなります。

もちろん、滞納などは論外です。とにかく、カードローンの使い方は大切で、住宅ローンは超長期ローンと呼ばれるものですから、それだけ長い期間にわたる借金を、与信が低い状態では借りられないわけです。カードローンの使い方がだらしないと、住宅ローンでも不渡りを起こしたりする可能性があると判断されてしまうのです。

尚、住宅ローンの審査に通りやすくするためには、銀行ローンでも、解約してから数ヶ月は待って、審査を受けたほうが良いでしょう。また、頭金の金額、割合によっても、審査結果は影響を受けます。頭金が多く、借りる金額が少なくなれば、当然、審査には通りやすくなりますから、自信がない方は、頭金を貯めてから臨むと良いでしょう。

銀行カードローンを利用すると住宅ローン組めないのか

銀行カードローンを利用すると、その銀行では住宅ローン組めないという状況になると言われることもあるのですが、これは正しくはないでしょう。正しく使っていれば特に問題はありません。正しく使っているのであれば問題はないと言えるでしょう。正しく使っていれば、銀行から見れば良いお客さんなのですから、むしろ利用しやすいとも考えられるのです。

銀行カードローンを利用しながら住宅ローンを組んでいる人もいます。最近では、住宅ローンとともに銀行カードローンを利用できるサービスも登場しているくらいですから、同時に利用することは普通にできる事だと言えるでしょう。それにもかかわらず住宅ローン組めないと言われる理由は、正しくない使い方をしていれば組めなくなることがあるからです。

例えば、銀行カードローンで滞納した履歴のある人の場合には、あらゆるローンを組むことができなくなる場合もあります。例えば、半年くらい滞納してしまったり、あるいは自己破産などの債務整理を行ってしまったりすると、それが信用情報に金融事故情報として記録されます。そうなると審査には通らなくなると言えるでしょう。

滞納などなくて正しく使っている場合であっても、あまりにもたくさん借り入れている場合などには影響が現れます。銀行カードローンであっても借り入れをすれば返済をしていかなければならないのですから、住宅ローンの返済に充てることのできる金額は小さくなります。そうなると、住宅ローンで借りることのできる金額が小さくなる可能性はあると言えるでしょう。

このような影響はあるのですが、銀行カードローンを使ったことがあったとしても、住宅ローン組めないというわけではありません。ただ、必要がないのならカードローンを使うべきではないでしょう。影響が全くないわけではありませんから、必要なければ完済して口座を解約しておいた方が、どちらかというと良い場合が多いと考えられます。