ブラックリストに登録されたら、今後の借金は絶望的?

ブラックリストに登録されちゃったんだけど、もう一生、借金は絶望的なのかな…なんだか、まだ家も買ってないし、車も一括で買わないといけなくなるし、って思うと、後悔だけ残って、将来的な展望が全然、見えてこないんだけど…

ブラックの原因にもよりますが、5~10年程度の辛抱です

ブラックリストに登録されたら、一生借金ができないということではありません。ブラック登録は、一時的なものです。それでも、自己破産の場合など、長いと10年くらいのブラック期間にはなってしまいますが。他の理由による登録は、5年から、長くても7年程度ですよ。

また、ブラックリストに登録されたら、どんな手段を使っても借金ができない、という状況になるわけではありません。もちろん、稼いでいるお金の金額、所有している財産によっては、絶対に借りられないブラックも存在しますが、しっかり継続的な収入がある方のブラックなら、絶対に借りられないというほど厳しい状況ではないのが実際のところです。

もちろん、闇金融などの危険なものに手を出して良いわけではありませんよ。私はそういうものは、推奨しませんので、その点は誤解しないでくださいね。

消費者金融は、テレビCMなどを流している大手ばかりがよく知られていますが、実際にはもっと多くの金融会社があって、中小金融の中には、ブラックでも15~20%程度の金利で貸付を行っているところがあるのです。

但し、こうした消費者金融と闇金融の見分けは、つけにくいのが実状です。それに、15~20%という金利は、極端に高くもありませんが、特に低い金利というわけでもありません。法律で定められた、ギリギリの金利です。そう考えると、できればこうした金融会社を利用しないほうが良いのですが、どうしても必要な場合には、登録金融機関のデータベース検索を行って、確実にその金融機関が登録されていることを、ご確認いただくほうが無難です。

そして、もう1つ、こうした金融会社では、あまり大金は借りられないことが多いですので、その点はご注意ください。

ブラックリストに載っても絶望しなくても良いのです

ブラックリストに載ると、金融関連のサービスを利用できなくなると言うことから、もはや人生に絶望してしまうと感じる人もいるかも知れませんが、そこまで深刻に考える必要はないでしょう。なぜなら、あくまでも使う事ができなくなるのは借り入れなどの一部の金融サービスだからです。具体的にはどのようなことができなくなるのかを把握しておくべきでしょう。

まず、新たな借り入れはできなくなります。キャッシングやカードローンと言った小額の借り入れだけではなくて、住宅ローンなどの大きな資金の借り入れもできなくなるのが普通です。これらのローンでは審査のときに信用情報を確認しますから、これによって審査に落ちることになります。

現金の借り入れだけではなくて、クレジットカードを作ることもできなくなります。クレジットカードがないと決済が不便だという人にとっては、これはデメリットだと考えられます。特にポイントをためなければならない理由がない人の場合には、デビットカードで代用できる場合もあります。クレジットカードの加盟店で使う事のできるデビットカードを作っておけば、クレジットカード感覚で使えますから、問題はないでしょう。

このようにいくつかの制約があるわけですが、これがいつまでもあるわけではありません。信用情報の種類によって異なるのですが、5年から10年くらいで情報は消去されます。その間は不便を感じるかも知れませんが、待てば良いと言うことなのです。ですから、その後に住宅ローンを組むと言うことも可能です。

ブラックリストに載れば、それが消えるまで待てば良いというのが基本です。例えば住宅が欲しいと思ったときには、ブラックリストの情報が消去されるまでにしっかりと資金を集めるというのも良い方法でしょう。なお、信用情報機関に問い合わせれば、料金はかかるのですが信用情報を閲覧することもできますから、正確な情報が欲しければ問い合わせてみるのも良いでしょう。